姫路城

2017-07-30 17:35
未分類 0
もしもお城に殿様がいなかったら
お城はどうなっていたのか
天皇も武家もあきんども民もやって来た
何を売って何を買い
何のお役目果たせますか
姫や遊女が踊っては
月が隠れずのぞいてる
朝に坊主が祈りを捧げた
守り本尊の扉が開いたのなら
弓を引く武家が、
刀を抜く武家が
その手を盃と姫と猫にまわすのか
私たちは
今ここで城を守る
国を守る
人を守る
神を守る
愛を守る
愛の祈りを捧げる
この建築物が
人々が
今日も明日も
今となっては
殿様を忘れて
お祭り騒ぎで
今日のお城に鎮座する
神社を建てずともいいじゃない
千姫が空に祈りをささげた涙を流し
お城を築いた名前を一つに
ここはそう、姫路城
白鷺の鳴く美しい白い子路で城である

ここは今まで姫路城

ピーマンドが歌ってください!

なんか大河ドラマの影響受けすぎで、入ってますが!ww🤣
Comment form
Name
URL
Title
Comment
Pass (Edit)
管理者にのみ公開
Trackback URL
http://nvel.blog.fc2.com/tb.php/271-ded9fafe